King CrimsonのBill Rieflinが死去

悲しいです。こんな事情があったんですね。

『King Crimsonの次回のツアーには参加しない』とか、『自分のバカンス』とか、『家族的理由』とか色々と言ってましたけど、自身の体調だったんですね。

まだ59歳と言う若さで亡くなるなんて。

GuitarBassDrumKeyboradと出来るミュージシャンでした。

Rober Frippのインスタ

King Crimsonの他にKMFDMR.E.M.Ministryでも活躍しました。

Robert Frippの愛妻Toyah Wilcoxとのバンド、Humansでも活躍しました。

彼の音楽への貢献は語り継がれるでしょうね。

彼の唯一のソロアルバム、Birth Of A Giant』 (1999)も素晴らしいアルバムでした。

今や入手困難になってしまったBill Rieflin, Robert Fripp & Trey Gunn名義のアルバム、『The Repercussions Of Angelic Behavior』 (1999)も素晴らしい出来のアルバムでした。

King CrimsonBoxセット、『Heaven & Earth』 (2018)『The Repercussions Of Angelic Behavior』が収録されたのも、こんな事情があったからなのかもしれません。

King Crimsonのライブアルバム、『Meltdown: Live In Mexico City』 (2018)Bill Rieflinの完全プロデュースだったのもこんな事情があったからかもしれません。

King Crimsonが存続する以上、Bill Rieflinはメンバー扱いになっていると思います。

心より御冥福をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です