King Crimson、EL&Pで活躍したGreg LakeのAnthology盤発売

King Crimson、EL&P、ソロと活躍したGreg Lake (Vocal, Bass, Guitar)Anthologyアルバムが発売されます。King CrimsonEL&Pの参加は有名ですが、1960年前半に参加したThe ShameというバンドやThe Shy Limbsというバンドの楽曲も含まれています。残念ながらGreg Lakeは亡くなってしまいましたが、プログレッシブロックシーンに多大な影響を及ぼしたプレイヤーです。個人的にBassのプレイは好きではありませんが、歌やメロディーに関してはかなり影響を受けました。Greg Lakeは元々Guitarプレイヤーでしたので、Acostic Guitarのプレイもかなりいい味を出しています。

『The Anthology – A Musical Journey』

Disc 1

1、 Peace – A Beginning / King Crimson

2、 Don’t Go ‘Way Little Girl (Single Mix) / The Shame

3、Love (Single Mix) /The Shy Limbs

4、The Court Of The Crimson King (Live At The Fillmore West) / King Crimson

5、Take A Pebble / EL&P

6、Lucky Man / EL&P

7、The Only Way (Hymn) / EL&P

8、Oh My Father (2012 Stereo Mix) / EL&P

9、The Great Gates Of Kiev (Live at Newcastle City Hall) / EL&P

10、From The Beginning / EL&P

11、Trilogy (First Section) /EL&P

12、The Endless Enigma (Part 2) / EL&P

13、Still … You Turn Me On / EL&P

14、Epitaph (From Tarkus: Vi. Battlefield Live, 1973/74) / EL&P

15、 I Believe In Father Christmas (Original Single Version) / EL&P

16、Closer To Believing (Final Version, 2016) / Greg Lake

Disc 2

1、C’est La Vie / EL&P

2、Lend Your Love To Me Tonight / EL&P

3、Watching Over You / EL&P

4、For You / EL&P

5、Black And Blue / Greg Lake

6、It Hurts / Greg Lake

7、Haunted / Greg Lake

8、Slave To Love / Greg Lake

9、Touch And Go / Emerson, Lake & Powell

10、 Affairs Of The Heart / Greg Lake & Geoff Downes 

11、Paper Blood / EL&P

12、 Daddy / EL&P

13、The Sage (1994 Studio Version) / EL&P

14、21st Century Schizoid Man (Live At Hammersmith Odeon, London) / Greg Lake

15、 I Talk To The Wind (Live From The ‘Songs Of A Lifetime Tour’, USA) / Greg Lake

16、Karn Evil 9 1st Impression – Part 2 (Live At Teatro Municipale, Piacenza, Italy / Greg Lake

17、Peace – An End / King Crimson

考えてみればKing Crimsonの参加アルバムは1st『InThe Court Of The Crimson King』(1968)2nd『In The Wake Of Poseidon』(1970)の2枚だけでしたね。やはり圧倒的にEL&Pの曲の方が収録されています。ソロも収録されていますね。King Crimson『In The Wake Of Poseidon』の収録の楽曲『Peace – A Beginning』で始まり『Peace – An End』で締めくくっていて、このAnthologyアルバムの起承転結が出来ているのはいいですね。いいミュージシャンが亡くなっていくのは辛いのですが、残してくれた遺産で楽しんでいければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です