King Crimson、2020ツアー延期、Tour Boxは?

King Crimsonが夏のアメリカツアーを2021年まで延期すると発表しました。この世界情勢では延期は仕方ないのかもしれません。

では、2014年から続いていたElements King Crimson Tour Boxはどうなるのでしょう。やはりツアーが無いのですから、発売中止になるのでしょうね。

このElements King Crimson Tour Box、意外なレア音源が含まれています。発売を毎年楽しみにしていました。

今年は無しとなると、何を楽しみにすればいいのか悩んでしまいます。

今回はKing Crimsonや関連バンドのツアーパンフレットの紹介です。

「音楽プロデューサー」が設立【アバロンミュージックスクール】

Tour Box、始まりはPower To Believe Tourから

今までのKing Crimsonのツアーパンフレットは、紙ベースのものでした。日本に来日した際に発売されたのは、初来日の1981年の Discilplin発表後のツアーでした。次の来日では1984年のThree Of A Parfect Pearのツアー。両方とも大きなサイズのジャケットデザインを再現したものでした。

1981年と1984年の来日パンフレット

1995年来日時のTHRAKツアーになると、多少コンパクトサイズの紙ベースのパンフレットに変わりました。

1997年来日したProJeKct TwoBruford Levin Upper Extremitiesの共同ライブの時はパンフレットの発売はありませんでした。非常にがっかりした思い出があります。

次が2000年のConstruKction Of Lightツアーで、前回のパンフよりも若干大きくなった紙ベースのものでした。

次のPower To Believeツアーから、パンフレット発売は無くなり、CDにレア音源を入れたTour Boxが発売になりました。ここからCDでレア音源を入れたTour Boxが恒例になっていきます。

第二弾Tour Boxは40th Anniversary Tour Box

日本に来日せず、Robert Fripp (Guitar)、Adrian Belew (Guitar, Vocal)、Tony Levin (Bass, Stick)、Pat Mastelotto (Drum)、Gavin Harrison (Drum)で行った2008年のアメリカツアーの時に発売されたTour Boxが発売になり、日本にも輸入盤で入ってきました。この編成のKing CrimsonRobert FrippAdrian Belewのトラブルにより短命に終わってしまいました。

その後Robert Frippは引退宣言をして、Robert Frippの復活を待つ形で結成されたバンドのStick MenAdrian Belew Power Trioの合体バンド、The Crimson ProjeKctでも来日しました。かなり大きなパンフレット発売がありました。

トリプルDrum体制King Crimsonからは2枚組のTour Boxに

2014年に再度復活したトリプルDrum体制のKing Crimsonからは、2枚組になってブックレットも付属されたものになりました。

日本の来日は2015年と2018年でしたが、2014年から2019年まで世界でツアーを行った際のTour Boxが日本にも入ってきました。また、日本で契約しているWOWOWエンタテインメントが日本盤を作成したりと、かなりTour Boxは力が入ったものになっています。また、来日時に紙ベースのパンフレットも発売されました。来日ツアーパンフはもう入手出来ない様ですが、2016年のヨーロッパツアーの紙ベースのパンフレットはまだ発売されていいます。

2015年の来日パンフレット

2018年の来日パンフレット

まだ発売されているヨーロッパツアーのパンフレット

最初のElements King Crimson Tour Box 2014 Tour Boxの日本盤には、初回盤特典でバッジがついていました。

特典のバッジ

2020年ツアーは2021年に延期予定

2021年に延期になってしまったツアー。本来2020年秋頃に日本に来日予定もあったのですが、こちらも恐らく延期でしょうね。本当に2021年にはコロナ情勢が終息するのか、また新たなウイルスが発生するのではと懸念しています。早く終息し、トリプルDrumKing Crimsonをまた見に行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です