Eddie JobsonのBest Live発売

Curved Air、Roxy Music、Frank Zappa BAND、U.K.、UKZと数々のプログレッシブロックバンドを渡り歩き、先日ライブからの引退宣言をしたEddie Jobson (Keyborad, Violin)のライブ盤が発売されました。このライブ盤は、U-Z Projectとして発売したライブ盤、『Ultimate Zero Tour』(2010)の続編的な内容になっています。一部『Ultimate Zero Tour』と同様の同一トラックも収録されていますが、収録されていないトラックがほとんどです。参加メンバーはJohn Wetton、Tony Levin、Trey Gunn、Simon Phillips、Marco Minnemann等の豪華メンバーです。

Disc 1

1、Alaska

2、The Only Thing She Needs

3、Awakening

4、 Nevermore

5、 Rendezvous 6:02

6、 Ice Festival

7、 Theme Of Secrets

8、Prelude

9、Presto Piano

10、In The Dead Of Night

11、 By The Light Of Day

12、Presto Vivace

13、In The Dead Of Night – Reprise

Disc 2

1、Announcement

2、 Bitches Crystal

3、Violin / Stick Duo

4、Red

5、Carrying No Cross

6、Starless

7、Caesar’s Palace Blues

8、 Forever Until Sunday

ライブから引退宣言をしたEddie Jobsonが、U-Z Projectのライブ盤を出すのですから、このプロジェクトへの思い入れが感じられます。King CrimsonU.K.の楽曲や、参加メンバーの豪華さや亡くなってしまったJohn Wettonとの共演アルバムですから、思い入れがあるのは当然だと思います。聴いた感じ新しい感じはしませんでしたが、当時のことを思い起こせて安心して聴けるライブ盤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です