転職時、募集広告のキャッチコピーをチェックしよう

人材募集や転職サイトなどでキャッチコピーが記載されています。このキャッチコピーには、企業の色や特色がわかることがあります。キャッチコピーにつられて入社したら、ブラック企業だったら困りますよね。キャッチコピーはいろいろな情報が読み取れますので、チェックは必要です。

クリエイターの人材派遣【マスメディアン】

例えば『幹部候補生募集』とあった場合、裏を返せば責任重大な仕事を入社早々任されるということです。まだ仕事の内容も理解していないのに、責任重大な仕事なんて出来るわけがありません。

『事業拡大のために大募集』とあった場合は、人の入れ替わりが激しく激務を強いられる可能性があります。慎重に選んで下さい。

『経験不問、未経験者歓迎』とあれば、誰にでも出来るどうでもいい仕事で、給料は安くて激務な場合があります。

『あなたの頑張りを評価』とあれば、歩合制の仕事の可能性が高く、基本給は安いと読み取れます。歩合制なので、客が取れなければ給料に響くのは確実です。

高単価の完全非公開案件が多数【DYMテック】

全ての企業が上記の様な待遇の企業とは限りません。もちろんキャッチコピーが本当の場合もあります。企業のHPや役員が親族など、会社の情報を集めてから募集した方がベストです。

私の体験ですが、ある転職サイトで応募した会社は最悪でした。基本給23万で頑張れば30万以上可能、年1回の海外社員旅行、若い世代中心のアットホームな会社で、事業内容はサーチスチケットの販売となっていました。面接はすぐに通り、明日から来て下さいと言われました。本当に若い人しかおらず、活気にあふれた朝の朝礼でした。朝礼が終わるとすぐにサービスチケットを持って外出に行きました。私も1人の上司とともに行動をしました。サーチスチケットは、レストランのサービスチケットでした。どこに販売に行くのかと思ったら、一般家庭でした。そのレストランの近隣の家一軒一軒に営業に回るのです。驚いたのが、現地に行くまでの交通費が自腹。上司が販売の見本を見せてくれましたが、ほとんど買って下さい買って下さいの連呼のみで、押し売りと変わりありません。そんなチケット、売れるはずがありません。確かチケットは2500円くらいでした。そのチケットを持ってレストランに行くと、メニューは限られますが、3回の食事代が無料になるというものでした。しかしこれで10枚を売れば下に部下を置くことが出来て、部下の売ったチケットの一部を給料に回して貰えるそうです。私についた上司が10枚を売ったので、私が部下になった形です。基本給23万というのは真っ赤な嘘。チケットが売れたらその収入のみの完全歩合制でした。年1回の海外社員旅行は、販売実績上位者のみ。会社まで行く交通費も自腹。株式会社でも有限会社でも無く、合資会社でした。その上司が言うには、売れる様になってきたら本当に収入が上がって、部下の中で10枚販売する人が3人出ると独立して会社を持てるとのことでした。その会社の良い部分しか言いません。こんな会社は続けられないと、帰り際に辞めますと言って、その後連絡はありませんでした。当時はツイッターなど無く、SNSはミクシィのみ。その上司もミクシィに登録していたので、動向を見守っていました。書き込みには社長になるとか大きなことを書いていましたが、半年後くらいに見たら、ミクシィを退会していました。割と有名な転職サイトからの応募だったので、転職サイトからにクレームのメールを送りましたが、謝罪メールが来ただけでした。有名な転職サイトでもキャッチコピーが嘘の場合があります。

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】
押し売りと変わらない

私の体験は例外かもしれませんが、こんな会社も有名転職サイトの中に紛れているのです。転職はもちろん、転職サイトにも気をつけた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です