紅王日記 オーディオ・ダイアリー2014-2018

やはりKing Crimsonは格好いいです。日本来日公演時にロイヤルパッケージ参加時に配布されたCDで、ロイヤルパッケージ参加費用が20000円でした。配布されたCD2014-2017までの4枚組でした。オークションサイトではかなり高額な値段で取引されていました。2018年のベスト音源も加えてオフィシャルで発売されました。昔の楽曲が色あせていません。イギリス人とアメリカ人の混合King crimsonに賛否両論ありますが、非常にいい出来です。5枚組でも価格は割とリーズナブルです。DGMサイトではKC50というシリーズ音源をリリースしており、1年間通して50曲のレア音源を披露してきました。先日行われたアメリカツアーでもロイヤルパッケージが行われ、このKC50の一部の音源がCD化されて配布されています。これも発売されるのではないかと思っています。現在のKing Crimsonを知るにはもってこいのアイテムです。

Disc 1

1、Hoodoo

2、Larks’ Tongues In Aspic Part One

3、A Scarcity Of Miracles

4、Level Five

5、One More Red Nightmare

6、Interlude

7、Banshee Legs Bell Hassle

8、The Talking Drum

9、21st Century Schizoid Man

10、The Light Of Day

Disc 2 (2015)

1、Radical Action I / Meltdown

2、Interlude

3、Sailor’s Tale

4、The Letters

5、The Court Of The Crimson King

6、Starless

7、Easy Money

8、Pictures Of A City

9、Suitable Grounds For The Blues

10、The ConstruKction Of Light

11、Level Five

Disc 3 (2016)

1、Larks’ Tongues In Aspic Part Two

2、Epitaph

3、Devil Dogs of Tessellation Row

4、Red

5、Banshee Legs Bell Hassle

6、Cirkus

7、Radical Action II

8、Pictures Of A City

9、Peace

10、Larks’ Tongues in Aspic Part One

11、Easy Money

12、21st Century Schizoid Man

Disc 4 (2017)

1、Cirkus

2、Starless

3、The Letters

4、Heroes

5、Interlude

6、Last Skirmish

7、Indiscipline

8、Dawn Song

9、Prince Rupert’s Lament

10、The Errors

11、Fallen Angel

12、Neurotica

13、Islands

Disc 5 (2018)

1、The Court Of The Crimson King

2、Suitable Grounds For The Blues

3、Pictures Of A City

4、Meltdown

5、Bolero

6、Radical Action

7、One More Red Nightmare

8、Moonchild

9、Easy Money

10、Level Five

11、Peace

12、Cadence And Cascad

13、Breathless

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です