特殊詐欺には気をつけよう

治安がいい日本ですが、詐欺師などの影の犯罪者は多く、被害に遭っている方も多くいます。警視庁は特殊詐欺に遭わない様に注意喚起しています。

・キャッシュカード手交型のオレオレ詐欺

警察官やデパートの店員をかたって電話を掛け、「あなたのキャッシュカードが悪用された。カードと暗証番号を変更する必要があるので、キャッシュカードを預かる。」などと言って、キャッシュカードをだまし取る手口

・還付金等詐欺

市区町村の職員等をかたって電話を掛け、医療費の還付等に必要な手続きを装い、「ATMで還付金が受け取れます」などと言って、被害者にATMを操作させて口座の預貯金を送金させる手口

・はがき、不所による架空請求詐欺

架空の訴訟を口実としたはがきや封書を送付して示談金等を名目に現金等をだまし取る手口

・キャッシュカード窃取型の特殊詐欺 (窃盗型)

警察官やデパートの店員をかたって電話を掛け、「あなたのキャッシュカードが悪用された。カードを確認する必要があるので、封筒に入れて自宅で保管して欲しい。」などと言って、キャッシュカードを封筒に入れさせた上で、隙を見て封筒をすり替え、キャッシュカードを盗む手口

・メールによる架空請求詐欺

有料サイトの未納料金等を口実として、メールを送付して「利用料金や延滞料金を支払わないと訴訟になる」などと言い、現金等をだまし取る手口

・親族かたりのオレオレ詐欺

息子等の親族をかたって電話を掛け、「会社の小切手 (現金)が入ったカバンを無くした(盗まれた)」や「会社の金を横領してしまった」などと言って、現金等をだまし取る手口

警察は、「ストップ・オレオレ詐欺47 -家族の絆-」プロジェクトチーム「(SOS47)」を、発信力を有する著名な方々に依頼して結成し、公開しました。

著名人がたくさん

また、ボウハン教室というウェブサイトを公開しています。

このボウハン教室というウェブサイトは非常にためになります。家族で共有して被害に遭わないようにして頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です