噂の連チャン機、OZ-1を打ってきました

6号機のリノタイプということで、新規参入メーカー、オズOZ-1を打ってきました。怪しさ満載の筐体で、なかなかソソる見た目でした。撮影禁止のホールでしたので、写真は撮れませんでした。

OZ-1

4台設置で1人だけ打ってて、ハマり中でした。データを見てもハマりと連チャンの繰り返しで、連チャンすると結構伸びる感じのデータでした。ベルが右下がりに揃うと高確率ゾーンの流星タイムに突入。打った感じ1/150くらいの感じでベルテンパイがきました。結構ガセも多くて、告知音がチャンスになりますがベルテンパイしないことが多いです。ベルテンパイしたらチャンス。右リール3択でベル揃い。揃うと連チャンが待っています。しかし3択外し続けてハマることハマること。やっとベルテンパイ5回目でベル揃いしました。そこから大連チャンするかと思ったのですが、3連チャンで転落。出目で転落を察知するのは困難です。恐らく出目では無くて抽選で転落していると思われます。一応流星タイムが終わっても、転落していない場合があります。終わって即ヤメはせずにちょっと回してみた方がいいです。

次のベルテンパイでまたベルが揃いました。今度こそ連チャンさせると意気込んでいたら、連チャンが止まりません。一撃で3000枚出ました。これ、本当に6号機なのか?と疑ってしまう台です。少し回してヤメ。

打った感想

・本当にベル3択なのか疑問です。抽選でベル当選で3択に関係無く揃うのでは?と感じました。

・出目で転落を察知するのは無理です。転落も抽選だと予想します。

・高確率の流星タイムを抜けても50Gくらいは様子見した方が良さそうです。2回抜けても入っていたことがありました

・通常時がとにかく暇です。

謎多き台ですが、近所に入ったら触ってみて下さい。連チャン中はとにかく楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です