ユニバーサルのAプロジェクトのまとめ

ユニバーサルエンターテイメントの始めたAプロジェクト。昔の台の復刻、新要素を取り入れた懐かしい台のオンパレードで、古くからのユニバーサルファンの方は打ち込んでいるのでは無いでしょうか。ボーナスタイプの台で、RT有りの台とボーナスのみの台に分かれています。今まで発表されたAプロジェクトの台と、番外編としてAプロジェクトに入らなかった台の特集です。少し個人的な意見も言わせてもらっています。

Aプロジェクト第1弾『クランキーコレクション』

純粋なボーナスタイプです。小役の取りこぼしが無くて、ボーナス成立時最速で揃えれば、ボーナス中の技術介入で設定1でも100%を超えるPAY OUTで人気がありました。しかしやたらボーナスが重たく感じました。おまけにリーチ目が入ってレギュラーでがっくりしているのに、ビタ押しを要求されるのには面倒でした。クランキーチャレンジでボタンを押して何%と表示されるのは面白い演出だったと思います。

Aプロジェクト第2弾『B MAX』

前作に続く技術介入要素を盛り込んだボーナス+RTマシンです。ただ、RT突入にはボーナス中の枚数調整と技術介入をビタ押し成功させる必要があるため、最も敬遠した機種です。ボーナスも重たく感じました。しかしコイン持ちは良いです。枚数調整とビタ押しでRTに入っても、チェリーが成立して運が悪いとすぐ転落することが多かったです。前作同様、レギュラーでがっくりところにビタ押しを要求をさせられて、うんざりした記憶があります。

Aプロジェクト第3弾『ハナビ』

4号機時代のハナビよりもゲーム性を豊かにしたマシンです。Aプロジェクトでは初めての4段階設定で、ボーナス中ハズレで設定5か6濃厚になりますが、推定設定6で5万負けたことがあります。非常に波の荒い機種です。パネルも3パネル導入されました。RT延命のいわゆるリプレイ外し的な目押しは、2コマ余裕があったのでこれは良いと思います。前作のRTの失敗を補った感じがします。3パネルありますが、初期パネルが一番リールが太くて見やすいです。しかし初期パネルだけが、リプレイ時にコイン投入を受け付けません。遅れも初期パネルだけが若干違います。

Aプロジェクト第4弾『サンダーVリボルト』

サンダーシリーズの復活です。毎回のスイカの目押しが面倒でしたが、これが無いと物足りません。6段階設定に戻したので、設定推測は難しくなりました。ビッグボーナス中は3回のビタ押し、レギュラーボーナス中は1回のビタ押しが要求され、レギュラー中のビタ押しで、中リールスイカ、リプレイ、7が見にくかったのが初心者が敬遠した理由では無いでしょうか。しかし昔のサンダーを知っている人は、リーチ目の継承もあって楽しく打てました。ビッグボーナス獲得枚数も最大333枚で、連チャンするとすぐに下皿がもりもりになりました。

Aプロジェクト第5弾『ゲッターマウス』

大量リーチ目マシンですが、中押しネズミ狙いをする人が多かったです。これが短命になった理由だと思います。私はハサミ打ち派でした。リーチ目の法則を覚えるとすごく楽しい台で、Aプロジェクトシリーズで一番好きなマシンかもしれません。ボーナスは軽めの確率です。レギュラーボーナスに偏ることが多く、負けるぱパターンがこのパターンです。ビッグボーナスに偏ってくれれば、誤爆もあります。この台も6段階設定で、設定推測困難な機種です。Aプロジェクトで唯一設定5か6の確定要素がありますが、一度も見た事がありません。

Aプロジェクト第6弾『バーサス』

ハナビと同じリール配列、同じRT延命のリプレイ外し的な目押しで、ハナビを打っていた人はすんなりと入れたマシンです。アンチバーサスの方からは、ハナビと同じゲーム性でつまらないと言われていました。若干ですが、違うんですね。バーサスフリークの方なら分かると思いますが。4段階設定機種で、ハナビと同等の設定推測が可能でした。この台は音がいいですね。Aプロジェクトでは一番好きなサウンドです。

Aプロジェクト第7弾『クランキーセレブレーション』

ビッグボーナスの獲得枚数を250枚に落として、ボーナス確率を極限まで高めた機種です。しかしコイン持ちは悪いです。250枚しか取れないビッグボーナスなので、ハマるとすぐにコインが無くなるのがネックでした。4段階設定ですが、上の設定はまず入らなかった機種です。上が入らないので、客付きも設定通りです。設定を入れている店舗には粘っている人がいますし、設定を入れない店舗では、誰も打ってません。

Aプロジェクト第8弾『タロットエンペラー』

Aプロジェクトなのに、アクロスでは無くてユニバーサルブロスから発売された機種です。筐体も変更されました。Aプロジェクトで初めての液晶搭載でした。6段階設定ですが、上はエクストラ設定で実質4段階設定です。エクストラ設定を打ったことがありますが、レギュラーボーナスしか出て来ません。RTもありましたが、RT連はあまりしません。ボーナスも重めです。すぐに外されました。

Aプロジェクト第9弾『アレックス』

アレックスが復活しましたが、リール配列はB MAXと同じです。予告音でブドウorボーナスの時が一番アツい時でしたが、やたらとぶどうを引くのは気のせいでしょうか。ボーナスと同等のブドウ確率ですが、丸一日打つと20回は引かされます。薄い確率でもいいので、ブドウ重複があればよかったのにと思う機種です。4段階設定ですが、この台も設定推測困難です。推定設定5の台で6000枚出たことがありました。ビッグボーナスで最大335枚は、Aプロジェクトでは一番獲得枚数が多い機種です。

Aプロジェクト第10弾『ハナビ通』

ハナビと同じゲーム性ですが、RT中のリプレイ外し予告が無くなりました。4号機のハナビに近くなったとの売り文句がありましたが、実際は面倒になっただけでした。エクストラ設定がある台で、新装開店時に一度だけエクストラ設定を打ちました。本当にコインが無くなりません。投資1000円でした。そして、本当にボーナスも引けません。丸一日打って7回ビッグを引きました。ほぼコインが減らないので、2000枚程度出ました。エクストラ設定よりも、設定6を打った方が楽しいと思います。

Aプロジェクト 6号機第1弾『ドンちゃん2』

6号機初のAプロジェクト機種です。コイン持ちはまずまずです。しかし獲得枚数が少ないのがネックです。ハマる時はハマりますし、獲得枚数が少ないので人気はあまりありません。6号機のボーナスタイプ、どのメーカーも苦しんでますね。人気があまり無いのに、2パネルあります。やはり6号機の規制、ボーナスタイプはもう少し緩和してくれないと打ち手がいなくなってしまいます。

Aプロジェクト 6号機第2弾『サンダーVライトニング』

またサンダーの復活です。リール配列がサンダーではありませんが、新しい台と思った方がいいです。人気はありません。ボーナス後のライジングゾーンが、完全告知なのが好きではありません。まだ打ちこんでおらず、ゲーム性も良く分かっていません。まだ5号機があるうちは5号機のボーナスタイプを打ってしまいます。おそらくそんなに打つ機会が無い台だと思います。

番外編 復刻なのにAプロジェクトに入らなかった台その1『コンチネンタルゼロ』

ユニバーサルブロスから発売された、完全告知マシーンです。あの名機、コンチネンタルが完全告知ではダメでしょう。1度打ちましたが、面白くなかったです。ジャグラーを打っている感じです。すぐに外されてしまいました。

番外編 復刻なのにAプロジェクトに入らなかった台その2『デュエルドラゴンプラス』

この台はミズホから発売されました。ボーナス+RTで、RTループ率が82%もあります。そこそこRT連もしましたが、ボーナスは重めです。筐体もタロットエンペラーと同じ筐体です。個人的には好きな方に入りますが、人気はなくてすぐに外されました。

6号機時代のAプロジェクト、厳しい機種ばかり

2020年6月現在、Aプロジェクトの6号機は2機種出ていますが人気がありません。5号機のAプロジェクト機種を打っている人はかなりいますが、ドンちゃん2サンダーVライトニングは粘る人を見かけません。新台なので、物珍しく触ってボーナスが引けないとすぐにやめる人ばかりです。今後どんな工夫を凝らしても、6号機のボーナスタイプは苦しいと思います。ゲーム性はいいのですが、出玉がついてこない機種ばかりです。ゲームセンターのパチスロなら枚数は関係ありませんが、一日粘って500枚いかない感じだと、やはり勝負にならないので厳しいです。今後の6号機のAプロジェクトは触らないと思います。7号機になって、もっと緩和されて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です