プログレジャズ、Dave BrubeckのTake Five

アメリカイーストコーストジャズの巨匠、Dave Brubeck (Piano)の生誕100周年を記念して、変拍子ジャズの異名をとるあの名曲『Take Five』のテイクアウト音源が発表されました。

この『Take Five』ですが、数多くのミュージシャンがカバーし、日本ではCMで使われるほどでした。1度は聴いた事がある曲だと思います。この曲が収録されている『Time Out』(1959)は名盤中の名盤です。このアルバムの収録曲には、ジャズには珍しい奇数拍子の曲が多数収録されています。

Time Out

1、Blue Rondo A La Turk

2、Strange Meadow Lark

3、Take Five

4、Three To Get Ready

5、Kathy’s Waltz

6、Everybody’s Jumpin’

7、Pick Up Sticks

Dave Brubeck – Piano

Paul Desmond – Alto Sax

Eugene Wright – Bass

Joe Morello – Drum

イーストコーストジャズはあまり聴きませんでしたが、このアルバムだけは別物でした。久しぶりにこのアルバムを聴きたくなり、CDラックを探したのですが見つかりません。CDは所持していたはずなのですが。PC内に溜めてあるMP3音源を探しましたが、こちらも見当たりません。早速再購入しました。まだ到着していませんが、CDが届くのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です