トリオ・ザ・テクノ、ギャグ好きなYMO

世界的なミュージシャンになったYMOですが、かなりのお笑い好きです。1980年代日本に漫才ブームが来ました。フジテレビで放送されたTHE MANZAIYMOトリオ・ザ・テクノの名前で漫才ステージに上がりました。この映像は衝撃的でした。あのYMOがこんなことやるなんて。。。

メンバーみんながギャグが好きの様で、アルバムの中でも曲とギャグを絡ませた作品が2作品ありました。1つは桑原茂一、小林克也、伊武雅刀スネークマンショーとのコラボ。もう1つが三宅裕司率いる劇団S.E.T. (スーパー・エキセントリック・シアター)とのコラボです。ギャグ自体はそんなに大笑いするものではありませんが、こんなギャグをずっと残るアルバムに収録するなんて当時はかなり驚きました。

スネークマンショーのメンバー、桑原茂一さんは放送作家や音楽プロデューサーなどのマルチな才能を発揮しています。桑原さんは大のBeatlesファンで知られています。小林克也さんは1980年代に流行ったミュージックビデオを紹介する音楽番組ベストヒットUSAの司会もしていた音楽通です。俳優として成功した伊武雅刀さんもかなりの音楽通で、個人的にRolling Stonesがお気に入りの様です。スネークマンショーとしてのアルバムもかなり売れました。

   

S.E.T.の座長の三宅裕司さんは、やはりかなりの音楽通です。いかすバンド天国通称イカ天の司会者もしていました。YMOとのコラボは、当時高橋さんと仲が良かったことからの抜擢だったそうです。S.E.T.としても高橋さんプロデュースでギャグアルバムを作っていますが、今や入手困難です。

スネークマンショーS.E.T.とのYMOコラボレーションアルバム2枚を紹介します。

Multiplies Yellow Magic Special 増殖 (1980)

当時YMOはライブアルバムの『Public Pressure』 (1980)が売れに売れました。気を良くしたレコード会社は、ライブアルバムの第二弾を提案しますが、YMO側が拒否します。そして曲と曲の間にギャグを入れたアルバムを作ります。非常に多忙で曲数が少なかったために、10インチミニアルバムになりました。これを初めて聴いた時は、驚いたと同時になぜこんなアルバムを作ったのだろうと疑問でした。後になってテレビ出演してコントをやっているYMOを見た時、何となくギャグやお笑いが好きなんだろうなぁと感じました。曲の方は、『Tighten Up』細野さんのBass Playが必聴です。ソウルフルで格好いいです。

1、Jingle “Y.M.O.”

2、Nice Age

3、Snakeman Show

4、Tighten Up (Japanese Gentleman Stand Up Please!)

5、Snakeman Show

6、Here We Go Again ~ Tighten Up

7、Snakeman Show

8、Citizens Of Science

9、Snakeman Show

10、Multiplies

11、Snakeman Show

12、The End Of Asia

Service (1983)

すでに解散が決まっていたYMO高橋さんが、『Multiplies Yellow Magic Special 増殖』 (1980)と同じ様にギャグを挟んだアルバムを作りたいと細野さんに提案して実現したアルバムです。高橋さんはオールナイトニッポンをやっていて、番組にレギュラー出演していた三宅さんの劇団S.E.T.を抜擢しました。もう最後のスタジオ盤と決まっていたため、タイトルはファンに向けてのサービスから取られました。アルバムはカラービニール盤でした。曲もかなり力作が多く、特に『Limbo』細野さんのBass Playはものすごく格好いいです。

1、Limbo

2、S.E.T.

3、The Madmen

4、S.E.T.

5、Chinese Whisper

6、S.E.T.

7、You’ve Got To Help Yourself 以心電信

8、S.E.T.+YMO

9、Shadows On The Ground

10、S.E.T.

11、See-Throough

12、S.E.T.

13、Pespective

14、S.E.T.

YMOがギャグアルバムを残す訳

『Yellow Magic Orchestra』(1978)『Solid State Survivor』(1979)と立て続けに世界的に成功を収めたアルバムを発表しました。所属はアルファレコードでした。アルファレコードは、世界的に成功を収めたYMOへの指示が多かった様です。1回目のワールドツアーが終わった後に、ライブ盤『Public Pressure』 (1980)の発売を決めたのはアルファレコードでした。自分たちが意図しないライブ盤を出されたレコード会社への反発もあったのでしょう。

当時YMOのメンバーは、20代の若者でした。ギャグや漫才が好きだったのがあったのでしょう。ギャグ入りアルバムを作ってみたら、面白かったのかもしれません。あの音楽集団YMOが、こんなアルバムを作ったのでリスナーは驚きました。しかしアルバムは売れまくりました。スネークマンショーで、細野さんが林家三平のモノマネをやっているトラックが ありますが、当時モノマネの真似をする人が多くいました。これも社会現象になりました。YMOは音楽だけでなく、ギャグでも有名になったのが新鮮でした。

また、2001年、2019年、2020年にはNHK細野晴臣 イエローマジックショーという番組をやりました。YMO全員が出演し、コントや演奏などをやりました。どてらYMOとも呼ばれています。2001年の番組がDVD化されていますが、入手困難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です