セガがソニーに負けた理由

家庭用ゲーム機は任天堂ファミコンが独占していました。後継機のスーパーファミコンも独占状態を維持。ゲームの老舗、セガも独自のゲーム機を作ってコアなファンがついていました。

一世風靡のファミコン
後継機のスーパーファミコン

そして次世代機のゲーム機戦争が始まります。任天堂Nintendo64セガセガサターン、新規参入した家電大手メーカーソニープレイステーションを発売。独占状態だった任天堂のシェアが崩れ始め、プレイステーションがトップに。任天堂CD-ROMでは無く、カセット型ROMだったのが敗因でした。セガセガサターンを発売し健闘していました。3D格闘ゲームバーチャファイターの続編、バーチャファイター2セガサターンで発売された時は、一時プレイステーションを抜く勢いがありました。

プレイステーション
Nintendo 64
セガサターン

 プレイステーションが首位を行き、追ってセガサターンが続く。ファミコンスーパーファミコンで独占状態だった任天堂がここで一歩後退した形になりました。任天堂はソフトの不正コピーを恐れてCD-ROMを採用せずにカセット型ROMを採用し、ファミコンスーパーファミコンとの互換性もありませんでした。

セガはアーケードゲームで人気を博していたバーチャファイターの続編、バーチャファイター3セガサターンに移植すると発表。しかしバーチャファイター3の映像クオリティはセガサターンで表現するのは難しく、発売日未定となっていました。そこでまた次世代ゲーム機の競争が始まります。セガドリームキャスト発売を発表。セガサターンで発売予定だったバーチャファイター3バーチャファイター3tbとして発売します。また、ドリームキャストはゲーム機初のモデム搭載機となり、ゲーム機本体のみでインターネットにつなぐことが可能なゲーム機でした。大容量データを表現出来る様にGD-ROMを採用。当時DVDが発売されていてDVD-ROMも検討された様だったが、まだDVDは普及していないことから敢えてGD-ROMでの発売となりました。但しセガサターンとの互換性は無く、ゲームファンは何台ものゲーム機をテレビ台に下に並べる状態となりました。

初のモデム搭載機、ドリームキャスト

ドリームキャストは大容量データ表現出来、今までセガのハードに参入しなかったナムコ(現バンダイナムコ)までがドリームキャストに参入。3D格闘ゲーム、ソウルキャリバーを発売。それほど開発者には魅力的なハードでした。インターネットにつなぐことが出来るゲーム機で話題性もありました。

時間をおいてソニーの次世代機プレイステーション2が発表されます。モデムは搭載されておらず、別売りモデムキットを取り付ければインターネットにつなぐことが出来ました。プレイステーションと互換性もあり、プレイステーションCD-ROMを挿入すればプレイステーションのゲームも楽しめました(一部ソフトを除く)。家電メーカーらしくDVD-ROMを採用。ドリームキャストのGD-ROMよりも大容量。たくさんのソフトメーカーが参入を表明します。プレイステーションが発売されると大ヒットゲーム機になりました。当時DVDのみの機器は10万円近くする機器でした。プレイステーションが3万円代で買えてDVDも観ることも出来るので、一気にDVDが普及。10万円近くするDVD機も普及に伴い値段が下がりました。ここがセガの誤算でした。もしドリームキャストにDVD-ROMを採用してDVDも見られるゲーム機だったら、ここまでプレイステーション2に差を広げられることにはならなかったはずです。

DVDも観られるプレイステーション2

任天堂は独自路線を行き、GAME CUBEを発売します。初めてCD-ROM搭載ですが、不正コピーを恐れて8センチCD-ROMを採用。任天堂は、子供向けのゲームに力を入れていたため若年層に受け入れられました。大人向けでもカプコンバイオハザード0が発売になり、他のハードには無い魅力で人気はありました。やはりNintendo 64との互換性は無し。やはりプレイステーション2の牙城を崩せませんでした。

見た目が可愛いGAME CUBE

セガゲーム機事業から撤退を表明。マルチプラットフォーム戦略をとり、プレイステーション2GAME CUBEへの参入を表明します。ゲーム機の老舗だったセガが、ゲーム機事業からの撤退ニュースは衝撃的でセガファンから悲しまれました。

セガ撤退後、マイクロソフトがゲーム機事業に参入。X BOXを発売。パソコンメーカーらしくモデム搭載機でした。その後発売される家庭用ゲーム機にはモデム搭載が当たり前になった。しかしプレイステーション2のシェアは変わりません。

マイクロソフトのX BOX

その後各メーカーから後継機が発売され、ソニープレイステーションも3を発売しています。Blu-ray ROM採用で、Blu-rayソフトも見れれました。 他メーカーはソニープレイステーションの独占状態を崩せませんでした。一方セガは分社化が始まりセガの脈略を生かしながらも各自独立していく形になります。その後パチスロのメーカーサミーセガサミーホールディングスを設立。セガの名前が前になっていますが、実質セガサミーホールディングス会長兼CEOサミー里見治氏。目立ったゲームソフトの発売もありません。非常に残念です。

ソニーのプレイステーション3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です