カジノが出来たら行きますか?

IR法案が通過、間違いなくカジノが日本に出来る

IR法案が通過し、日本にカジノが出来ます。各自治体が誘致を表明しています。誘致することが出来れば、観光客増加で経済効果が見込みるからです。しかし治安が悪くなる、ギャンブル依存症など、まだまだ問題点がたくさんあります。近い将来、カジノが出来るのは間違いありません。出来上がったカジノ、行きますか?

私は話題作りで一度は行くとは思いますが、カジノでギャンブルを楽しもうとは思いません。カジノは海外でも行ったことがありませんので、何があるのか知りません。よくドラマや映画でスロットマシン、カードゲームのポーカーやバカラ、ルーレットがあるのは知っています。どれもお金を使ってお金を増やす目的で遊ぶのです。入場料が6000円(外国人は無料)と言われていますが、これも高いと思います。ギャンブル依存症対策の一環で、多少高めに設定してあるのでしょう。スロットマシンはパチスロを作っているメーカーなども参入すると思いますが、パチスロとは比べものにならないくらいに大当たり確率が低くなっているのは間違い無しです。それでは客がつかないので、ある程度の確率で中当たりや小当たりが出る様にはしているとは思います。しかしそれまでに入場料を何回払うことか。そしてカードゲームですが、カジノスクールで腕を磨いた手品師みたいなディーラー相手に勝てるでしょうか。客がつく様にわざと負けて多少は勝たせてくれるとは思いますが、負ける回数の方が多いはずです。そしてルーレットですが、カジノスクールで腕を磨いたディーラーは、狙ったところに玉を入れることが出来るそうです。こちらも多少は勝たせてはもらえますが、負ける回数の方が多いでしょう。

カジノのメリット、デメリット

メリット

・観光による経済効果

・雇用促進

・地域活性化

デメリット

・ギャンブル依存症

・治安悪化

・反社会的勢力によるマネーロンダリング

メリットは大きいのですが、デメリットのリスクが大きすぎます。まだ決まっていないことが多いのですが、今後の国の対策がどうなるか見ていきたいと思います。

カジノは日本に合うのか疑問

公営ギャンブルや宝くじははどの国にもあります。パチンコパチスロも昭和初期からある日本伝統の遊びなので、度が過ぎなければいいと思います。最近はリカバーサポートネットワークという依存性相談の非営利団体があります。外国人観光客から大人気の日本。しかし外国人観光客はカジノ目的に日本に来るのでしょうか。世界各国にカジノが点在しているのに、ギャンブルしに日本に来るとは考えられません。外国人観光客の目的は、日本の食べ物やおもてなし文化、独自の日本文化を見に来るのではないのでしょうか。中国カジノ企業からの献金で、国会議員が逮捕される事件まで発生しました。現状あまりいい話が無い状況です。カジノは『和の国日本』に本当に合うのか疑問です。

カジノ誘致立候補自治体

・東京 台場

・神奈川 横浜

・愛知 名古屋

・愛知 常滑

・大阪 夢洲

・和歌山 マリーナシティ

・長崎 ハウステンボス  

(2020年1月現在)

カジノ誘致から撤退したのは、北海道 苫小牧、北海道 留寿都、千葉 幕張です。これは正しい選択だったと思います。日本のカジノは3か所とと決められています。現状有力なのは神奈川と大阪です。あと1か所がどこになるのかが気になりますが、そこまでの交通費を使ってまでカジノに行くのかが疑問です。近くに旅行に行った時に入場してみるというのはありだと思いますが、家族連れで子供までが入場しているのは見たくないですね。

外国人観光客の呼び込みや、裕福層の遊び場でいいと思いますが、治安悪化が非常に気になります。誘致自治体の近くの住民は反対でしょう。元々ギャンブルとは胴元が必ず儲かる仕組みになっています。公営ギャンブルの競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじ系など。利益をとってから、配当金が決まります。その他パチンコパチスロも店次第ですが、ほぼ店の思い通りに利益を出しています。パチンコパチスロ店はチェーン店や個人で経営している店がほとんどですが、客への還元が下手だと客が飛んで店が潰れる始末です。パチンコパチスロの台は、1台40万前後と高く、10台入れ替えても400万前後かかります。パチンコパチスロ店は経営が難しいですね。

一攫千金を夢見てカジノに行くのはいいと思いますが、これが依存症になったら大変です。韓国に行った時に韓国のカジノの前を見ましたが、質屋ばかりでした。なぜか車がたくさん止まっていて、ガイドさんに聞いたら車を乗り付けて車を売ってカジノに行くそうです。しかし韓国のカジノは一部のカジノしか国民は入場出来ないそうです。私の見たカジノは国民が入場出来るカジノでした。依存症対策が出来ていないんだなと思いました。日本ではシンガポールをモデルとしていますが、入場料6000円の設定、週3回月10回までの入場制限が設けられています。まだ未定ですが、入場にはマイナンバーカード提示や顔認証システムが導入される予定です。

統合型リゾート整備法案というが、実際はギャンブル場

統合型リゾート整備法案の目的は、政府は以下の様に公表しています。

(目的)この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案より抜粋

統合型リゾート整備法案には、レストラン、ショッピングモール、アミューズメント施設、国際展示場などが予定されていますが、やはりカジノがメインです。話題作りに一度覗いてみるのはいいと思いますが、私はあまりカジノは良く無いなと思っています。公営ギャンブル、パチンコパチスロで適度に遊ぶのが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です