しつこい営業電話を断る方法

新設・増設・移転、電話加入権不要で電話の申込みなら固定電話.com

営業電話、しつこいですよね。言葉巧みに商品の勧誘をしてきます。何故電話が掛かってくるのかというと、リスト屋の存在があるからです。例えば一般の人から学校の連絡先名簿を買い取って、リストが欲しい企業に売る悪徳業者が存在するのです。売る方も売る方ですが。今は電話会社の自由化が進み、いろいろな固定電話会社が存在しますが、一昔前はNTTのみの一択でした。その頃はNTTが電話帳を作っていました。これも闇で売買している様です。昔から電話番号を変えていない家なら、「〇〇さんですか?」と名前まで知られています。昔の電話帳には住所まで記載されていました。怖いですね。

以前しつこく電話が掛かってきたのが、某新聞社と光回線業者。フリーダイヤルで掛かってくることが多く、折り返し電話をすると更にしつこい勧誘電話が繰り返されます。絶対に折り返し電話をしないで下さい。断っても断っても時間を置いてまだ掛かってきます。もういい加減に頭に来たので、法律のことを調べました。特定商取引法に一度勧誘を断った人にまた勧誘するのは禁じられています。もし何度も電話が掛かって来たら、まず正式な会社名と担当者の名前を聞いて復唱して下さい。そして次の文言を言って下さい。

株式会社〇〇の担当〇〇さんに言いますが、この電話は録音しています。一度勧誘を断った人にまた勧誘することは、特定商取引法第3条の2で禁止しています。私はこの勧誘をお断りします。リストから私の名前と電話番号は削除して下さい。また電話が掛かって来た場合、この録音した電話と再度電話が掛かって来た電話の録音を警察に提出します。

電話加入権は0円でいいんです!

もし自宅の固定電話に録音機能があれば、録音して下さい。また電話が来た場合、その会話も録音して最寄りの警察へ相談して下さい。警察から指導が入りますので、もう電話がくることはありません。私は某新聞社と光回線業者をこの手で断ってから1年以上経ちますが、再度電話が来たことはありません。再勧誘は明らかに法律違反です。しかし最近は別の勧誘電話が掛かってきます。面倒なので、フリーダイヤルの電話は出ない様にしています。インターネットでフリーダイヤルを検索すると、どうやら互助会の勧誘の様です。リスト屋、恐るべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です