お笑い芸人のパチスロまとめ

パチスロでお笑い芸人が取り上げられることが多かった4号機、5号機時代ですが、最近はめっきり取り上げられることがなくなりました。タイアップパチスロでお笑い芸人を取り上げるメリットってなんでしょう。客を笑わせたらボーナスとかもベタすぎますし。しかし4号機と5号機時代はめちゃめちゃ多かったです。演出が面白くなるからなのかもしれません。大御所の芸人もいれば、そんなに有名では無い芸人もいます。タイアップすれば、メーカーはロイヤリティーを払わなければならないはずです。ロイヤリティーが高い割には、導入が少ないから最近は見かけなくなったのかもしれません。そんな数多いお笑い芸人を取り上げてみます。

シムケン (ダイドー、ボーナスタイプ、2000年7月、4号機)

ご存知、志村けんさんのパチスロです。ビスティからの発売でした。大量獲得機でした。初めて打った時は、打ってて恥ずかしい気持ちになりました。そんなに打ち込んだわけでもないので、ゲーム性はうろ覚えです。タイプの違う3タイプのシムケンが存在しました。

ダチョウ倶楽部 (ダイドー、AT機、2001年9月、4号機)

ダチョウ倶楽部のパチスロです。こちらもビスティから発売になりました。1度しか打ったことがありません。しかしゲーム性は全く覚えていません。この台もタイプの違う2種類のダチョウ倶楽部が存在しました。

変なおじさん (ビスティ、ボーナスタイプ、2002年8月設置、4号機)

志村けんさんの代表的キャラクター、変なおじさんのパチスロです。この台は打ったことがありません。液晶も無い時代に、よく芸人さんとタイアップしたなぁと感心します。この台もビスティーから発売されました。

おさるの超悟空 (エレコ、ボーナスタイプ、2003年12月設置、4号機)

アニマル梯団おさる、現在はモンキッキーという芸名のピン芸人ですね。この台は多少打ちました。ボーナスタイプでも、スーパービッグなら大量獲得出来る台でした。液晶があったので、面白かった様な記憶があります。なぜおさる?と思いました。そんなに売れていた芸人でもないのに。エレコから発売になりました。

竹中直人のパチスロ太閤記 (ラスター、ボーナス+RT、2006年9月設置、5号機)

今や名俳優となった竹中直人さんですが、出身はお笑いピン芸人でした。この台、見かけたこともありません。5号機初期はボーナス+RTの台ばかりでしたが、この頃お笑い芸人の台が頻発に発売されました。今は無き、ラスターから発売されました。

ヒジトジ (銀座、ボーナスタイプ、2007年1月設置、5号機)

サミーの傘下に入った銀座から発売されたヒジトジという台です。ヒジトジとは、人力舎のお笑い芸人が結成したユニットです。ボーナスタイプでしたが、打ったことがありません。サミー筐体なので、サミーからの発売と勘違いしていましたが、銀座からの発売だったのですね。

TIMという名のパチスロ機 (平和、ボーナス+RT、2007年2月設置、5号機)

お笑いコンビ、TIMのパチスロです。平和からの発売でした。台の名前の通り、アントニオ猪木という名のパチスロ機の2番煎じですね。この台も数回打ちましたが、あまり記憶にありません。ただ、TIMのギャグ、『命』という演出は覚えています。

安田大サーカス (バルテック、ボーナス+RT、2007年3月設置、5号機)

安田大サーカスとのタイアップパチスロです。テレビでは、クロちゃんはよく見かけるのですが、グループとしての活動はあまり見かけません。この台、見たこともありません。5号機初期特有のボーナス+RT機種です。発売はバルテックからでした。

デジタル所さん (大一、ボーナス+RT、2007年6月設置、5号機)

今や大御所となった所さんのパチスロです。大一商会から発売されました。一度店舗で見かけましたが、打っていません。こちらもボーナス+RTです。

電撃ネットワーク (トリビー、ボーナスタイプ、2007年7月設置、5号機)

電撃ネットワークとのタイアップで、今は無きトリビーから発売されました。この台数回打ちました。しかしあまり記憶に無いのが残念。面白かった記憶があります。純粋なボーナスタイプの台でした。

くりぃむしちゅー (ロデオ、ボーナスタイプ、2007年9月設置、5号機)

結構テレビ出演しているくりぃむしちゅーとのタイアップパチスロです。サミー傘下のロデオから発売されました。1度打ちました。全然記憶がありません。確かボーナスも引けなかったと思います。なのでゲーム性の記憶も全然ありません。

ハネスロ 林家一家 (オーイズミ、ART機、2011年6月、5号機)

オーイズミから発売になった林家三平一家とのタイアップパチスロです。当時オーイズミは、ハネスロというシリーズを結構出していました。当たりやすいけど、枚数が少ないタイプです。この台、ART機なんですね。店舗で一度見ましたが、興味なかったのでスルーしちゃいました。

お笑い芸人パチスロ、全然記憶に残らない

台が設置されて面白半分に打ってみるのですが、ゲーム性が面白くなくてすぐに飽きてしまいました。それと芸能人タイアップパチスロもそうですが、打ってて恥ずかしくなってしまうので敬遠してしまいます。他のお客さんも打っていなかった気がします。唯一シムケンシリーズの客付きが良かった記憶があります。打ち手としては、タイアップよりも出玉性能ですからね。5号機初期はボーナスタイプかRT付きボーナスタイプばかりの時期がありました。その頃によくお笑い芸人パチスロが出ていました。お笑い系最後の機種が2011年設置のハネスロ林家一家です。それ以降はお笑い芸人タイアップパチスロは出ていません。やはりロイヤリティーもかかるし、記憶に残らないパチスロを作っていたのでは、メーカーも赤字になってしまうのでしょうね。アイドル系パチスロは、それなりに稼働もあって人気もあります。しかしお笑い系は全然人気が無かった記憶があります。今後はお笑い芸人タイアップは出ないと思います。しかしこれもパチスロの歴史です。お笑い芸人タイアップが数多く存在したという事実です。もしかしたら、黒歴史かもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です